忍者ブログ
育てている花などUPします。写真はクリックすると拡大します。
| Admin | Res |
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[797]  [796]  [795]  [794]  [793]  [792]  [791]  [790]  [789]  [787]  [786
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

横浜でもよく見かけます。バックパッカーの外国人。
母国語で書かれたガイドブックを片手にあれこれ見て周ってる人。
住んでる者から見ると、そういう光景はなんだか嬉しい。
そういう人達にイラのような待遇をしてあげたら、すごく喜ぶんだろうな。

せっかく行った京都、姫路、紀伊半島、伊勢神宮の旅行ですが、
どうやらイラにはあんまり・・・だったようです。
京都は雪が降るほど寒くて、「寒いからタクシーから降りたくない」って。
父も初めての京都で楽しみににしていたけど、連れがそんなだからゆっくり見られなかったって。

寒いって、寒い国の人なのに。
「寒いから厚着するように」と言ってもファッションを気にしてしない。
ダウンコートのしたは薄着のヘソ出しルックだったりする。
夜は一人で繁華街へお出かけ。
それも父には気が気がじゃないようで、体力的にも精神的にもものすごく疲れたらしい。。。

唯一興味を示したのが買い物。
でも父やドライバーがくっついてくるのがイヤみたいで、「ワタシニジュウゴデス。コドモチガウ」って。
両替するのを忘れて彼女は$しかもっていない。
しょうがなく父が1$=1円で交換しているけれど。
あるお店に入ったまま出てこないのでドライバーが様子を見に行ったら、
円も持ってないうえにカードも使えなかったらしく、泣いてたって。

「日本へ行きたい」と言って一時帰国する父についてきた彼女だけど、
日本がどういうところかわかっていなかった。
「何でもいいから計画して欲しい」と言うからこちらはいろいろ計画したけれど、
実際に来日して一番魅力的だったのが買い物・夜遊びだった。
(日本文化で魅力を感じるのは歌舞伎の衣装や舞妓さんなどカラフルなもの)
でも、買い物にくっついて来られるのはイヤ。
ということみたい。
だから買い物に行っても自然と私たちは座って待ってるだけになってしまう。

私も買い物は楽しくて、アメリカでもイタリアでもたくさん買い込んでしまったけど、
でも観光もちゃんとしたけどなぁ。
招聘理由書にも「日本の古き良き文化と新しい文化に触れて欲しい」って書いたんだけどなぁ。
なんだか残念だねぇ。

彼女の顔は色白で彫りが深いので疲れが出るととても目立つ。
さすがに疲れが出てきたので写真を撮っても自分が満足するように映らないらしい。
それを「撮り方が悪い」って言われる父もカワイソウ。。。
そんなイラちゃんだけど、ろくに話せる人がそばにいない外国で1週間も過ごしたら
ストレス溜まって当然。
おまけに大好きなママから電話が来ないのもストレス増の原因になってるみたい。

明日からは一人の時間も作ってあげようと思う。
ディズニーは楽しんでくれたらいいな~。
来たくても自由に来られない日本だもんね。
いい思い出作っていって欲しい。
PR
≪   おかえり~   HOME   ディスコ   ≫
Information
①リンクさせていただいてる方は
http://www.blogpeople.net/
servlet/weblogUpdates

まで更新PINGを送信してくださると更新マークが点灯します。
Calendar
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comments
[09/11 sala]
[09/11 ばん]
[09/10 sala]
[09/10 sala]
[09/10 sala]
[09/09 ばん]
[09/09 ばん]
[09/09 ばん]
[09/08 sala]
[09/05 ひろママ]
Links
Counter

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)日々あれこれ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]