忍者ブログ
育てている花などUPします。写真はクリックすると拡大します。
| Admin | Res |
<< 04  2018/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780]  [779]  [778]  [777
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日から夫はいつもどおり仕事。5時に起きたけどすごく眠い。

今日の予定は大使館&お台場&大相撲。父のビザ更新のため六本木へ。

休日のデンマーク大使館へは行ったことあるけど、平日の外国の大使館は初めて。

申請も無事に済んでお台場へ。

初日にナイトツアーで行ったお台場、アクアシティの中は通っただけだったけど「また来たい」とイラに言われていたので。

どうやらビビッとくるお店があったよう。

汐留からゆりかもめに乗って・・・お台場が見えてくるとイラは一人でニコニコ顔。

3時間かけて見れたのはたったの4店舗。

最初に買ったのはグレーとピンクのストライプのニットワンピ。

同じピンクのエナメルのショートブーツも買って「着て帰る」とお着替え。

さらに同じようなデザインのニットワンピースを2着(紺とオレンジ)を購入。

襟ぐりが開いて寒いからとグレーのショールも購入。

さらにママへのお土産にとスタバでサーモカップを、ボディショップで友達にと保湿手袋も購入。

時間になったので両国へ移動。私も父も国技館は初めて。

上りが沢山並んでいてきれいだった。
(ちなみにこんなどんより天気でもオデッサ在住のイラにとってはいい天気)
P1220073.JPG

チケットは親方達が切るとHPに書いてあったので知ってる人だったらいいな~と思っていたら、

なんと高見山だった。

一緒に写真も撮ってくれて優しい感じだった。

カラフルな色あいがイラもお気に入り。
P1220074.JPG

私はあまりお相撲には興味なかったけどこんな後ろの席でもすごく面白かった。

一番盛り上がったのはやっぱり朝青龍戦だったかな。今度はもっと近くで見たい。
P1220083.JPG

あれはロシアの力士だよと教えるとイラも双眼鏡で食い入るように見てた。

しきりを見たイラが「なんでくっついたり離れたりするの?」

投げ飛ばされた取り組みを見て「なんでみんな笑うの?」

塩を撒くのを見て「あれはライスパウダー?」とたくさんの質問が。

彼女は大学で日本語を専攻していたので少しだけ日本語がわかる。

卒業後も父と交流することで日本語を、また父もロシア語を学んでいる。

彼女の片言の日本語と英語、私の片言の英語とロシア語での会話だけど毎日少しずつ通日ようになってきて面白い。
どうしても通じないときは露和、和露辞典でお互いに単語を指す。

「~したい」は「欲しい」、「~したくない」は「欲しくない」と言うので

仕切りを見て向いあった力士がまた離れるとイラは「欲しくない~」と

塩を撒いてまた力士が向かい合うと「欲しい」、また離れると「欲しくない」と楽しそうだった。

その後みなとみらい線でみなとみらい駅でバイバイ。

父とイラは寿司&天ぷらで夕食。

私は駅まで迎えに来た夫とお弁当を買って帰宅。21時半。
PR
Information
①リンクさせていただいてる方は
http://www.blogpeople.net/
servlet/weblogUpdates

まで更新PINGを送信してくださると更新マークが点灯します。
Calendar
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Latest Comments
[09/11 sala]
[09/11 ばん]
[09/10 sala]
[09/10 sala]
[09/10 sala]
[09/09 ばん]
[09/09 ばん]
[09/09 ばん]
[09/08 sala]
[09/05 ひろママ]
Links
Counter

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)日々あれこれ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]